ロゴマークデザインの基礎知識

ご発注担当者様必見

ロゴマークの作る意味や効能、デザイナーに頼むときのポイント、
類似調査、商標登録、キャラクター制作、ブランド、
ネーミングなど、大切なことをまとめました。 
 
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
ロゴマークシンボルデザイン
 
HOME | ブランドの基礎知識

ロゴマークデザインの基礎知識

小野デザインロゴタイプ
 株式会社小野デザイン TEL. 03-3774-8098 LinkIcon お問い合わせ
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
ロゴマークシンボルデザイン
 
HOME | ブランドの基礎知識

ロゴマークシンボルデザイン

ブランドとは

 
 ブランドとは何か。
ある人はロゴマークのことと思い、
ある人は、らしさのことと考え、
ある人は、高級品のこと。など
人によって定義が曖昧になっているようです。
 
ブランドは、生活者の頭の中にできるもので、
 
生活者が、商品やサービスの価値を享受した時
マークとともに記憶に留められるイメージです。
 
 
より良いブランドイメージを構築することは、
生活者とのすべての接点において
良いイメージを提供できるようにすることが大切です。

例えば、広告、ホームページ、
店舗、接客、アフターサービスなどすべてにおいてです。
 
  良いイメージは、マークだけではなく、
店舗のデザイン、陳列、店員の服装、包装デザイン、
などすべて細部に渡り ます。
 
 
 ブランドは、ヨーロッパの高級ブランドがあれば、
ユニクロのようなファストファッションのブランド、
ラーメン店や100円ショップのブランドもあります。
 
 
生活者が必要、行きたいと思った時に
思い出すこと(ブランド再生)が重要です。

必要な時に思い出してもらえないと
購入のチャンスを逃すことになります。
 
 
ですので、必要な時に思い出してもらえるように
広告などの販促物が
大切になってきます。
 
忘れさせない施策です。
 
ロゴマークは忘れさせないため、
価値を思い出すためなどの印となります。
 

ブランド構築は、コンセプトの策定から

 
生活者にとって
唯一無二の他社に真似できない
提供できる 価値は何か?

ブランドコンセプトをしっかり決めることが
ブランド構築の第一フェーズです。
 
ブランドコンセプトの策定については、
下記の本をお読みください。
とても丁寧に詳しく書かれています。
 
『無印良品の「あれ」は決して安くないのに
なぜ飛ぶように売れるか?』江上隆夫著
SBクリエイティブ刊
 
 

感動体験・ストーリーについて

 
生活者が、 感動体験を持って
商品やサービスの価値を享受した時
強烈な印象とともにブランドが形成されます。
 
 
商品やサービスに、ストーリーがあると
より魅力を感じ、惹きつけられます。
 
モノやサービスを売るのではなく
体験を売る。という視点に立つと
より踏み込んだブランド形成ができると思います、
 

ブランドについて

 
ケビン・レーン・ケラーのブランド論に基づいています。

 

ブランドデザイン
 
ブランドというとヨーロッパの高級ブランドを思い浮かべますが
100円ショップのように低価格な商品を取り扱うお店も
一つのブランドとして考えます。

お昼にラーメンを食べたくなった時に
思い浮かべるのが、その人にとってのブランドです。
 
ブランドとは個人の中にあり
必要になった時に思い出すものです。

ブランドとは、“らしさ”という定義する方もいます。
イメージやブランド体験を捉えた解釈です。
また、ブランドとはロゴやマークと定義される方もいます。

 
 
ブランドデザイン
 
ブランディングとは
価値を高め、競合他社と差別化を図り
お客様との接点で、価値を伝える戦略です。

商品・サービス、ホームページ、広告、店舗、
問い合わせ、アフターフォローなど
お客様との全ての接点で価値を伝えていきます。

 
ブランドデザイン

ブランド戦略とマーケティング戦略は
経営戦略を実行するものであり
デザイン戦略は
具体的なコミュニケーションを担います。
 
 
ブランドデザイン
 
ブランディングのしくみは
生活者や企業の悩み・問題・欲求・希望を
かなえる製品やサービスが価値として提供され、
生活者や企業に信頼・尊敬・喜びが生まれることです。
そして、リピート購入、紹介、」口コミという

新たなる価値が企業にもたらされます。
価値交換と言われます。


 
ブランドデザイン
 
ブランディングの価値は
機能的価値と情緒的価値があります。
情緒的価値はデザインによってもたらされます。
デザインは、デザイナーの力量により
大きく左右されます。
 
 
   
ブランドデザイン
 
こう思われたいというブランドアイデンティティを
表現と接点を駆使して
生活者や企業にブランドイメージとして
しっかり伝えることがポイントです。

 
 
ブランドデザイン
 
提供する価値にによって
訴求点を“イメージより”か
“ものより”か検討します。
 
 
 
ブランドデザイン
 
お客様の購入のプロセスにおいて
接点をブランド体験といいます。
お店での接客やアフターサービスも
ブランド体験です。
一貫性を持たせることが大切です。
 
 
ブランドデザイン
 
ブランド・アイデンティは
策定のステップを踏み、構築します。

 
ブランドデザイン
 
価値を伝える人は誰か
対象へのポジショニングで決めていきます。


 
ブランドデザイン
 
さらに、ターゲットの段階により、
広告・販促の目的が違います。


ブランドデザイン
 
コミュニケーションでは
ブランドの価値や世界観は、デザインで表現されます。
一貫性を保つことが大切です。

ブランドの由来について

 
ブランドの由来
 
かつて放牧で自分の家畜と、他人の家畜を
区別するために焼き印を押していました。
ブランド(burand)は、焼き印(焼く=burn)から派生し、
今日では商品や企業を識別する商標になりました。
マーケティング上、ブランドの重要性が言われ、
マークはブランディングの一役を担う大切なものです。

ロゴマークデザイン
キャラクター・ネーミングは、
小野デザインにおまかせください。

 

あなたの思いや考えを
対面でしっかりと聞かせていただきます。

ヒアリングで受け止めます。
お客さまにマークについてのご要望や課題を直接伺い、思いを受け取り具現化します。

多くの案をご提案します。
多くの案を見ていただき、じっくりご検討ください。マークは長く使うものです。

好感を持たれるデザインです。
マークは長い期間使われるものです。皆様がいいなと思える愛されるデザインをします。

大手企業様の実績があります。
CI、VIなど、大掛かりにせず、コスト抑えめのご提案もいたします。

類似商標調査を行います。
調査し、使えなくなるようなことのないよう、ご安心いただけるデザインをご提案いたします。

ご予算内で最善提案をします。
ご予算内で最善のご提案ができる様工夫します。お気軽にご相談ください。

マニュアル制作を行います。
作ったマークが一貫して表示使用されるよう、マニュアル制作を行います。

商標登録もお任せください。
価格の良心的な懇切丁寧な弁理士さんをご紹介いたします。

ツール制作もいたします。
名刺、封筒、カッティングシートなど必要となるツールの制作もいたします。

ブランド、ブランディングを意識したデザイン。
ブランドマネージャーの
小野デザインにおまかせください!

 
ブランドにリテラシーの高い企業様はコミュニケーションツールを
非常に重要視しています。
ブランド、ブランディングをしっかり抑えたデザインをいたします。
 
小野デザインの代表の小野は
ブランドマネージャー2級資格を取得しています。
なんでもご相談ください。
 
 
ブランドマネージャー認定協会について